移転しました。

 

【都市伝説】「昏睡姦されたことのある人」というスレと事件の関係性【真相】

移転しました。

 

f:id:sumaapu0:20180730124322j:plain



 今回は、とある事件についてまとめた記事です。

 

当時の2ちゃんねるに、とあるスレが立ったのですが、その数日後に奇妙な事件が起きます。

 

そのスレと、事件は何か関係があるのか、またどのような事件だったのか解説していきます。

 

 

昏睡姦されたことのある人

1 :なまえを挿れて。:2006/03/22(水) 00:06:27 ID:5bMIOJXl
やられました
相手はこともあろうに実の弟です
悩んだ末に勇気を出して弟に直接尋ねたら白状した
弟と◯ックスしたことが確定してそれはそれでショックだった
聞かなきゃ良かったかも
訴える気はありません 

 

 このような内容のスレが、2ちゃんねるに立てられた。

 

最終的には、以下のようなレスで終わっている。

 

7 :なまえを挿れて。:2006/03/22(水) 00:53:36 ID:5bMIOJXl
わかりました
家族から犯罪者出したくないんで訴えることはないけど
脅しで怖がらせることくらいはやっておきます
弟がどういうつもりだったかはしらないけど
相手がわたしだったのは不幸中の幸いだったかもしれないですね
弟と◯ックスしてしまったのはショックなんだけどさ

 

その後、北海道にて奇妙な事件が起きてしまうのである。

 

その事件が、これだ。

 

 9日午前4時40分ごろ、札幌市中央区北7西20の会社員、滝川幹(つかさ)さん(51)から「娘が血を流して倒れている」と119番通報があった。札幌中央署員らが駆けつけると、滝川さんの長女でアルバイト従業員のさおりさん(22)が1階寝室で頭や首など十数カ所を刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は失血死。同署は殺人事件として捜査している。

 調べによると、さおりさんの近くで血の付いたナイフが見つかった。滝川さん方は滝川さん夫妻とさおりさん、二男の大学生(19)の4人暮らし。第三者が外部から侵入、逃走した形跡は見つかっていない。二男が2階寝室で寝ていた滝川さんに「様子が変だ。怖い怖い」と言って起こしたという。二男は、手にけがを負っており、入院した。同署は、二男が事件について何らかの事情を知っているとみて、回復を待って聴取する方針。

 

 この事件、もしかしたら姉に秘密を知られた弟が激昂し、殺人事件にまで発展しまったのではないだろうか。

 

ネットでは様々な検証がなされ、今も事件との関連性は不明である。

 

参考

都市伝説の誕生 札幌 「お姉ちゃんが変だ。怖い、怖い」22歳姉刺殺事件のケース:Birth of Blues

https://love3.5ch.net/test/read.cgi/kageki/1142953587/

 

 ちょっとやらしいタイトルですが、都市伝説の概要はかなり怖いです。

 

さて、この事件は「弟が姉を殺害した」以外の共通点がないように思いますが、ネットの検証によって、本当に関係があるのではないか、と言われています。

 

解説

 

 ネットでの噂を簡単にまとめていきます。

 

・噂

 1.北海道の大学のHPで、被害者と同姓同名の人物が、とあるサークルに入っていることが確認された。

2.被害者は、3月末に退学手続きを取っており、サークルに掲載されていた写真も削除されている。

3.2001に、「〇〇(被害者の名前)のパンツを盗んだ、中学のときの思い出という旨のレスがある」(当時の弟は14歳)

 

以上のことを、スレの内容と、事件を比べてみると、確かに合致しています。

 

ちなみにこの噂のソースは不明です。

 

さて、それでは実際の報道を見ながら、真相を考察してみたいと思います。

 

考察

 

 冒頭の報道では、まだ捜査段階でしたが、実は数カ月後に裁判の判決に関する報道がなされています。

 

 四月に札幌市中央区の男性会社員宅で、長女=当時(22)=が殺害された事件で、 殺人の非行事実で札幌家裁に送致された二男(19)の第二回少年審判が三十日、 札幌少年鑑別所であった。松嶋敏明裁判長は二男を中等少年院送致とする保護 処分を決定した。

 決定理由で、松嶋裁判長は事件の動機について「二男は幼少期から対人関係が 苦手で、自宅で母が長女を怒鳴る声などを苦痛と感じ、苦痛の元凶は長女だと 短絡的に思い込み、殺害に至った」と指摘。「発達障害によるストレスの蓄積などから、 突発的に生じた事件で、刑罰を与えても反省を深めさせることは困難」として、 「相当長期間」の中等少年院送致とした。

 決定によると、二男は四月九日早朝、札幌市中央区の自宅で、長女の首や背中などを 果物ナイフで刺して、失血死させた。二男の付添人の高橋司弁護士は「極めて適切な決定」と述べ、二男は「二度と罪を 犯さないことが、姉への供養」などと話しているという。
 少年法は十六歳以上の殺人について検察官送致(逆送)を原則とし、検察側は
 「刑事処分相当」の意見を付け、二男を同家裁に送致していた。

 

https://news19.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164965979/

(内容は北海道新聞のものだが、ソース元のURLが消えているため、スレ>>1から引用)

 

  さて、殺害の動機がしっかり書かれています。

 

 自宅で母が長女を怒鳴る声などを苦痛と感じ、苦痛の元凶は長女だと 短絡的に思い込み、殺害に至った

 

 弟は、姉に秘密を知られたから殺したのではなく、幼少期からのストレスで殺害に至ったのです。

 

また、弟は発達障害を患っており、対人関係が苦手だという記述があります。

 

3 :なまえを挿れて。:2006/03/22(水) 00:30:46 ID:5bMIOJXl
マジですよ・・・
なんか友人に睡眠薬をもらって
使う相手が他にいないから冗談のつもりで私につかってみたらしい
だからって本当に昏睡姦しなくてもいいのに
実の姉ですよ?

https://love3.5ch.net/test/read.cgi/kageki/1142953587/

 

 これはスレ主のレスの一部ですが、友人から睡眠薬を得たと書いてあります。

 

事件の加害者は、対人関係が苦手であり、睡眠薬を渡してくるような人間との付き合いがあるとは考えにくいです。

 

以上のことから、事件との関連性は低いと考えて良いと思います。

 

まとめ

 

 初期の報道では、動機が明らかになっていませんでしたが、続報を見れば明らかです。

 

報道されている内容だけでいえば、事件との関連性は低いと言えるでしょう。

 

しかし、あくまで報道されている内容だけなので、真相は闇の中ですね。

 

移転しました。