移転しました。

 

【都市伝説】夢に出てくる恐ろしい魔物の真相を考察する【猿夢】

移転しました。

 

f:id:sumaapu0:20180617120523j:plain


 

 今回は、猿夢について考察していこうと思います。

 

猿夢は、ネット発祥の都市伝説のひとつ。

 

一度、夢に出ると非常に恐ろしい目に遭ってしまうという怖い話です。

 

果たして、猿夢を見ると本当に死んでしまうのでしょうか?

 

 

猿夢 

 

 私は夢を見ていた。

 

このときは、自分が夢を見ているんだと、自覚していた。

 

私は暗い無人駅に立っていて、アナウンスが聞こえてくる。

 

「まもなく電車が来ます。その電車に乗ると恐い目に遇いますよ」

 

まもなく駅に電車が入ってくる。

 

その電車は、遊園地によくある「お猿さん電車」のようなものだった。

 

電車には、顔色の悪い男女が数名、一列になって乗っていた。

 

私は気になって乗ってしまった。

 

別になんてことはない。これは夢なのだから。

 

乗っていると、アナウンスが聞こえてくる。

 

「次は活け造り~」

 

後ろから悲鳴が聞こえてくる。

 

後ろの男に、数人の小人が群がっている。

 

アナウンスの通り、男は「活け造り」にされてしまった。

 

こんな調子で、後ろの人間が殺されていく。

 

ついに自分の番がきた。

 

もうだめかと思ったその時、夢から覚めたのだった。

 

友人に話したが、信じてもらえなかった。

 

そんな夢を忘れた頃に、また同じ夢を見てしまった。

 

だが、なんとかまた夢から覚めることができた。

 

「また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」

 

あのアナウンスの声が聞こえて、ゾっとした。

 

あの声は、夢の中ではなく、夢が覚めた現実の世界で聞こえたからだ。

 

参考 

http://syarecowa.moo.jp/1/009.htm

 

 以上が、猿夢の話です。

 

夢で殺されていった人々は、現実にも存在している人だったのでしょうか?

 

もし「私」がまた猿夢を見てしまった時、どうなってしまうのでしょう・・・。

 

とても不気味な終わり方をしていて、後味の悪い話です。

 

考察

 

 さて、猿夢について考察していきましょう。

 

猿夢の恐ろしいところは、夢に出てくると、殺されてしまう可能性があるというところです。

 

さらに恐ろしいことに、猿夢を聞いた人のところへも猿夢が現れるという噂もあります。

 

まずは、噂について検証していきます。

 

・猿夢の恐ろしい噂

 

 「猿夢は伝染する」という噂、一体どこから流れてきたのでしょうか?

 

猿夢には「これを聞いた人も同じ夢を見る」というようなことは書いていません。

 

調べてみると、どうやら別の人の書き込みが原因だと思われます。

 

 遊園地にいる夢を見ていた。

 

家族でコースターに乗って、とても心地の良い夢だった。

 

しかし、コースターがトンネルを抜けると僕は「5号車」になぜか移動していた。

 

5号車には顔色の悪い人が何人か座っている。

 

夢の中でも気づいた。

 

これは「猿夢」に違いない。

 

後ろの人を確認しようと振り返ると、何人かがスッと消えている。

 

驚く僕に、後ろの男が言った。

 

「目が覚めたから消えたんだよ」

 

僕は震えながら、目が覚めることを祈った。

 

 目覚めた時は、汗びっしょりだった。

 

もう一度見てしまったら、本当に、死んでしまうかもしれない。

 

参考 

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part36

 

 猿夢が書き込まれたのが、2000年です。

 

そして、この書き込みが2003年に書き込まれています。

 

2000~2002年に期間を絞って、猿夢について検索しましたが、一番最初に書いた本編しかヒットしませんでした。

 

よって、2003年の書き込みから、尾ひれが付いて現在の猿夢になったのだと考えられます。

 

・猿夢は本当に存在するのか?

 

  真偽を考えるのであれば、恐らく嘘であると言えると思います。

 

猿夢とは、2ちゃんねるの洒落恐スレに投稿された怖い話。

原作は恐怖系のマンガ(らしい)

引用 猿夢 - アニヲタWiki(仮) - アットウィキ

 

書き込まれたのがかなり昔なので、当時のログの確認ができませんでした。

 

どの漫画か特定するのは難しいと思いますが、元ネタは存在するようですね。

 

 

 しかし、今回は、物語の真偽は置いておきましょう。

 

・夢を見て死ぬことがある?

 

 猿夢の話が嘘であろうと、なかろうと、「怖い話」であることは変わりありません。

 

人は夢を見る時、脳を整理していると言われています。

 

つまり、自分の記憶を夢に見るのです。

 

猿夢を見たあなたが、実際に似たような夢を見ることは十分ありえることです。

 

そのような意味では、猿夢は伝染すると言って良いかもしれません。

 

 さて、本題ですが、猿夢を見てしまった場合、本当に死んでしまうのかどうかです。

 

ノーシーボ効果という言葉があります。

 

ノーシーボ効果とは、プラシーボ効果と逆の効果のことを言います。

 

簡単に言えば、思い込みによって本人に悪影響を及ぼすことです。

 

プラシーボ効果について以下の記事で考察しているのでよろしければどうぞ。

 

sumaapu0.hateblo.jp

 

 人は思い込みよって、死ぬこともありえます。

 

「ブアメードの血」という死刑囚を使った実験は有名ですが、文献が存在せず、信憑性にかけるので、別の例を紹介しましょう。

 

 voodoo death

 

 1942年、生理学心理学の先駆者として注目されたウォルターは恐怖心による心理的苦痛が原因で、身体状態が悪化するという考えを主張した。

 

 ある社会的、宗教的なタブーを犯した時、何らかのショックが起きる。

 

その症状は、「bone-pointing syndrome」と呼ばれる。

 

以下の様な例がある。

 

とある部族内で、タブーを犯すと24時間後に死ぬと信じられていた。

 

地元の魔女から、骨を指された若い男は、病気になった。

 

骨を指されるということは、宗教的タブーである。

 

しかし、魔女がそれは間違いだった、と説明したとき、若い男の体調は即座に戻った。

 

参考 Voodoo death - Wikipedia

 

 英語を訳したので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、人間は思い込みによって身体に悪影響を及ぼすことが分かると思います。

 

もし猿夢を見てしまい、脳が「殺された」と思い込んだ時、どうなるでしょうか?

 

実際に夢を見て死亡したという事例はありませんが、可能性はゼロではないと思います。

 

まとめ

 

 猿夢という話は創作だったのかもしれません。

 

しかし、猿夢を聞いてしまった人は、同じ様な夢を見る可能性があります

 

もし、その夢が脳が「殺された」と勘違いするほどリアルな夢なら要注意かもしれません。

 

 ちなみに僕は、結構前から猿夢を知っていますが、夢に出てきたことはありませんし、殺される夢を見たことがありますが、生きています(笑)  

移転しました。