移転しました。

 

【都市伝説】見たら呪われる、ネットに存在する怖い話【検証】【8/31修正】

移転しました。

 

f:id:sumaapu0:20180519120555j:plain

 見たら呪われる、見ただけで死ぬといった怖い話はインターネット上で多く存在しています。

 

もし、その中に”本物”が混ざっていたら・・・?

 

今回は、そんな恐ろしい噂を紹介しつつ検証していきます。

 

 

 

おじゃま道草

  1つ目の怖い話はおじゃま道草です。

 

この話は見ただけで呪われるタイプですね。

 

ある物件を借りた友人が、幽霊に悩まされ、主人公がどうにか解決しようと動く。

 

お祓いをしたが、その後は・・・?

 

結構長いです。本編は以下からどうぞ。

 おじゃま道草(1/6)

 

おじゃま道草を検証

 この話を選んだ理由ですが、「読んだ後霊障にあった」という話が多かったんですよね。

 

不思議ですよね。この手の話ってたくさんあるじゃないですか。なぜこの話だけ・・?

 

・初出は?

本来、この話は@niftyの中にあった話で、@niftyのidが無ければ読めなかった話なのだが

http://www.geocities.jp/bowel_of_beelzebub/souko/ojama_1.html

引用元にはこう書かれています。

 

niftyとは、昔あったインターネットコミュニティです。

 

会員になるためには料金が必要だったようですね。

 

全盛期は会員が200万人もいたそうです。

 

存在していた時期は90年代なのでかなり古いお話になります。

 

ちなみに当時の@niftyはサービス終了しており、過去ログのようなものも残っていないため、これ以上は辿れませんでした。

 

おじゃま道草は大雑把ですが90年代と見て間違いないかと思います。

 

・読んでみた

 

読んでみました。

 

話自体はそこまで怖いものでもないですが、前述した通り話にまつわる噂が不気味ですよね。

 

なぜこんな昔の話が語り継がれてきたのか、霊障の報告が多すぎるのではないか。

 

 この話の読後、よく周囲で「浮遊霊」が動くことがります。
ですが、それは大方この話とは関連がないものです。
意識を「相手」ではなく自分自身に向ければ、簡単に切れます。
言い方を変えれば「気にしなければ消える」ということです。
しかしながら、一応気の弱い方のために、、、オマジナイを、、。
自分の気力を強める効果があります。
次の言葉を3回唱えるか、心の中で強く念じてください。

「ギャーテイ、ギャーテイ、ハーラーギャーテイ、ハラソーギャーテイ、ボージーソワカー」

おじゃま道草(6/6)

 

ちなみに心配な方は唱えましょう。※僕は唱えてません。

 

読んだのは1年くらい前ですが、これといった霊障は起きていません。

 

僕が気づかないほど小さいものが起きていたのかもしれませんが、それならそれで大した影響はないということです。

 

トミノの地獄

  これはある詩の名前です。

 

この詩を声に出して読むと「死ぬ」と言われています。

 

肝心な詩ですが、検索すればいくらでも出てくるので読みたい方は検索してみてね。

 

詩の内容自体が非常に不気味で、確かに読んだら呪われるかもしれねーな!と感じてしまいます。

 

僕が知ったのは数年前だったのですが、当時は朗読した人の体験談があまりにも少なすぎたので、これマジなんじゃねーの・・・?と思ってました。

 

今は結構、朗読していらっしゃる方がいますので、あまり怖くないですね。

 

トミノの地獄を検証

  こちらの詩ですが、作者がはっきりしています。

 

というか、噂の出処も特定されているため、怖い噂は都市伝説に過ぎないということが分かっています。

 

トミノの地獄」とは、詩人・作家の西条八十が1919年に発表した詩集「砂金」に収録されている詩である。

www49.atwiki.jp

 

以下は、呪いに対する解説です。

 

 この話の出所は、比較文学者の四方田犬彦氏が2004年に出版した「心は転がる石のように」の中で、 
「万が一にも朗読などしてしまうと、あとで取り返しのつかない恐ろしいことが生じる」 
と述べたことが初出のようである。 

www49.atwiki.jp

 昔初めてみた時のインパクトが強すぎたので、紹介してみましたが真相はこのような感じですね。

 

僕も声に出して2、3回読みましたが生きております。

 

おつかれさま

 これはインターネット掲示板が発祥の怖い話です。

 

誰かの体験談を載せたというわけではなく、現在進行系で話が進んでいきます。

 

突如貼られた”絶対に見てはいけない”不気味な画像。

 

見てしまったネット住民へ供養を開始するスレ主。

 

詳しくは以下からどうぞ。

 

 http://syarecowa.moo.jp/124/10-2.html

 

この話を選んだ理由は、話の展開が意外なものだったからです。

 

あっと驚くような展開なので、ぜひ読んでみてください!(呪われても知らないけど!)

 

おつかれさまを検証

  

 おつかれさまというのは、「お憑かれさま」という意味だったんですね。

 

除霊をしてくれていると思いきや、実は呪われていたという恐ろしい話です。

 

画像も非常に不気味なんですが、本当に恐ろしかったのはスレ主だったということです。

 

ちなみに、本人がこれ呪いやで!って言ってるわけではなく、異常に気づいたネット住民の指摘で分かっています。

 

なんかめちゃくちゃ解説口調で話していますが、IDが違うので本人の自演ではありません。

 

・謎のお経

 

一番の謎はスレ主が書いている呪文のようなものです。

 


「昇抜天閲感如来雲明再憎」

 

これを3回書いて水を飲ませています。

 

この呪文をググってもおつかれさま関係のスレしかヒットしません。

 

かつて検証されていた方がいましたが、この呪文はどうやら中国語のようですね。

 

一部のフレーズが中文にそっくり使われています。

 

その文自体は怖い話とは全く関係のないものです。

 

意味が分からないなら、言語も分かってるし、グーグル先生に翻訳してもらえばいいじゃないか!

 

というわけで、翻訳結果です。

 

f:id:sumaapu0:20180519115757p:plain

 

えぇ・・・。

 

万が一呪い殺されても天国へ行けるよ!

 

【8/31追加】

8/27に、翻訳しても出てこないぞ!というご意見をいただき、実際に検証してみたところ、「天国への昇天」という翻訳結果は出てきませんでした・・・。

原因は不明ですが、ユーザーが修正案をgoogle側へ送ることができるのでもしかしたら、誰かが修正案を送ったため結果が変わったのかもしれません。

僕だけマジで昇天しちゃうの・・・?

 (お問い合わせくれた方、ありがとうございます!)

 

冗談は置いておいて、実際にやってみましたが今の所何も起きておりません。

 

しかし、この謎の呪文ですが、もし造語だとしても手が込みすぎてませんか?

 

ただ単に縁起の悪い漢字を混ぜただけなら納得できますが、中国語が使われています。

 

そもそも除霊するフリをして呪うという発想も常人じゃ考えられないような気もします。

 

全体的に不気味な話ですが、試しても特に影響はないので怖い話としてお楽しみください。

 

 

移転しました。